プロフィール

リーズ

Author:リーズ
名前:背後

リーズバイフェ・リンドベリィ(b37117)
イルヴァ・エーリンク(b43039)
の背後。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記
ここでは、銀誓館学園や結社で私が体験した様々なことを残しておこうと思う。

人工島での戦いで忘れてしまった記憶なども思い出したら書き残しておきたい。

あまりこういうものに慣れていないから不定期になってしまうだろうが、よろしく頼む。

ああ、まれに異世界の出来事が紛れてしまうことがあるらしい。

こんなところだろうか…うん?背後からお知らせがあるらしい。


続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:背後のつぶやき
会場に着くといきなり出迎えてくれたのは会場向かい側の柱に備えられた電光掲示板。

110501_1634~02 110501_1634~01

会場内にも9面ビジョンがあり、SR、EBの画像がつねに流されていました。

今回のオフはすごいなと圧倒されつつ会場入り。

良い意味でおなじみな開会式が終わり、今回はわかりやすいようにとステシを印刷して入れておいたファイルを開いていると早速【霧島】に発見された。

さすが霧島、本気度がハンパないぜ。

だれか結社呼び出しをしてくれないかなと思いつつ、会場を歩き回っているとけっこう見つけてくれました。
イルヴァがお世話になっている【うつつの夢】のメンバー。
久しぶりな面々もいたし、なんか(イラスト)みたことあるかもって感じで声をかけてくれた方々もいてすごく嬉しかった。
もちろん銀狼のメンバーでしゃべれたのは一番の思い出になったな。
イセスへの弄り&総ツッコミには内心大笑いだったし。

オフ会に参加された皆様お疲れ様でした。





| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:リアルタイムイベント
銀の雨と万色の稲妻はビャウォヴィエジャの森に降り注ぐ。
その光景は当然のことながらメディックの陣地からも見ることができた。
重症を受け、手当てを受けていたもの。
気力尽き、座り込んでいたもの。
呆然と空を見上げていたもの。
雨と稲妻がもたらしたすべての者に等しく与えられた。

-カタストロフ-

彼らに届いた異形の声は、絶望を告げた。
彼らが見た光景は、地獄を物語っていた。

しかし…いや、だからこそすべての者は瞳は告げていた。
―生きる、と。

すべての能力者たちが、各々のすべきことをするために立ち上がる。

ならば―
リーズバイフェは悲鳴を上げる体に活を入れ、立ち上がる。
「借りるぞ」
重症を負い、手当てを受けていた女人狼騎士のライフルを手に取る。
どうするつもりだ?
僅かな敵意と多くの絶望を宿した瞳が語りかけた。
「守る」
その言葉に女人狼騎士はその身を満たしていた絶望も、相手に抱いていた敵意も忘れ呆然と歩み行くリーズバイフェを見た。
たった、それだけ。螺子による洗脳がとけ、雨にぬれる子犬のように自らの生きる道に迷っていた自分に手を差し伸べてくれた人狼の騎士。
短い間ながらも共に背中を預け戦った翠の狼。
自らの過去に苦悩しながらも、自らの目指す道を歩み始めた少年。
大きな樹の下で笑いあった少女たち。
幾多の戦いを潜り抜けてきた騎士団員。
そして、お互いに支え合うと誓い合った執事騎士。
皆に支えられ、彼女の想いはカタチを成している。

故にリーズバイフェは揺るがない。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:オフレポ
リズックマ×背後のリーズバイフェだ。
2011年1月9日東京オフのオフレポをさせてもらう。

続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:背後のつぶやき
2010年12月31日を以て、リーズの所属結社「ソトゴト!」は解散しました。
決められていたこととはいえ、やはりさびしいですね。

続きを読む »

| BLOG TOP |

copyright © 銀雨でできた人狼日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。